シニアになっても色々な事にチャレンジ、自分探しはとても幸せで奇跡の時間です。日々体力の衰えを感じながらも今日出来る事を一つずつ積み重ねていきたいと思います

クラシルを参考に家内とレモンクッキーに挑戦、少し焼きすぎた!

今日は土曜日、家内と一緒にレモンクッキーを作りました。

参考にしたのは、「クラシル」のレモンクッキーです。

酸っぱいレモンと香ばしいクッキーとの調和がとても美味しく出来たので作り方をアップしました。

出来上がりはこんな感じです。

でも、少しオーブンで焼きすぎたようですね。

レモンクッキーの材料

レモンクッキーの材料は以下の通りです。

家内がいうには、お菓子づくりは決められた分量通りに作らないと失敗するとのこと。

計りでピッタシに計量しました。

①レモン1個(レモンの皮すり、レモン汁大さじ1杯、レモンスライス)

②バター50グラム

③薄力粉100グラム

④片栗粉50グラム

⑤砂糖50グラム

⑥強力粉少々

➆水大さじ1杯

 

レモンクッキーの材料

 

砂糖とバターを混ぜる

最初にバター50グラムと砂糖50グラムをボールに入れて混ぜます。

しばらく混ぜているとこんな感じになります。

レモンの皮をすって加える

良く混ざったら、レモンの皮をすって入れます。

次にレモン汁を大さじ1杯、水も大さじ1杯を加えます。

薄力粉とかたくり粉を投入

次に薄力粉100グラムとかたくり粉50グラムをふるいにかけて加えます。

ボールが小さめだったので、周囲に粉が飛んでしまいました。

テーブルが雪化粧。

ヘラで切るように混ぜ合わせ、かたまりを作れる程度になるまで混ぜます。

この時にヘラで押さえつけずに切るようにします。

サランラップの上に乗せる

サランラップの上に取り出して、棒で厚さを約8センチに伸ばします。

こんな感じです。

冷蔵庫で20分冷やす

全体をサランラップで包んで、冷蔵庫で20分程度冷やします。

「冷蔵庫で20分間冷却します」

クッキー型でかたを作る

生地を冷蔵庫から取り出して、台の上に置きますが強力粉を少しまいておきます。

生地にも強力粉を少しだけかけます。

クッキー型でかたをとってオーブンプレートに敷いたクッキングシートに並べおきます。

クラシルでは、オーブンの温度が180度になっていましたが、我が家のオーブンは強めですぐに焦げ目がついてしまうので、160度に設定、あらかじめ温めておきました。

焼き時間は20分と書かれてありました。

時々、確認したのですが、少し油断をしたために、少しだけ焦げ目がついてしまいました。

網の上で冷やして出来上がり

オーブンから取り出して、網の上で熱を取ったら出来上がりです。

オーブンの温度を低めにしたのですが、焦げ目がついてしましました。

反省点もありました

 

少しの時間で焦げ目がついてしまうので、注意が必要でした。

でも、オーブンの前に張り付いて何度もドアを開けると温度が下がってしまうので、失敗するでしょう。

お菓子づくりは計量が大切ですが、火加減と焼く時間は経験が必要だということでしょうか。

次回は、完璧なレモンクッキーを作ってみようと思います。

レモンクッキー

レモンクッキー
最新情報をチェックしよう!