シニアになっても色々な事にチャレンジ、自分探しはとても幸せで奇跡の時間です。日々体力の衰えを感じながらも今日出来る事を一つずつ積み重ねていきたいと思います

転がりそうにまん丸な球形をしたピンポン菊【花一輪爺さん】

今日は、ピンポン菊のご紹介です。

ピンポン菊は「キクキク属」

ピンポン菊の花は、ピンポン玉の様にまん丸で、すぐに転がりそう。

家内が、一昨日に仕事先の方から頂いたお花です。

ピンポン菊は、菊の仲間ですが一般的に知られている菊の花とは一線を画し洗練されたイメージがあります。

ピンポン菊の花言葉は、「君を愛す」「真実」「高貴」「私を信じて」などプラスイメージです。

ピンポン菊は、ピンポンマムとも呼ばれています。

ピンポンマムは、菊は英語で「chrysanthemum」であることから、末尾の3字「mum」を加えた呼び方です。

略語は日本人の得意とするところ。

ピンポン菊の花房を観察すると、小さな花弁が一つ一つ精巧に集約され、日本人の几帳面さや細やかさが想起されます。

全体の花弁の様子は、やはり菊の模様です。

このピンポン菊、実はオランダ生まれの品種なので洋菊とも呼ばれているようです。

日本では2000年くらいから栽培が始まったそうです。

ご存じの様に、日本では菊花紋章を皇室の紋章と定め、菊は桜と並んで日本を代表する花でもあります。

パスポートの表紙や議員記章にも菊のデザインが入っていることから、菊の花に対しては気品や重厚感を感じます。

ちなみに、議員記章は金色ですが、衆議院議員と参議院議員とではその工程が異なるようです。

衆議院議員の金メッキで、参議院議員のバッヂは金張り。

当然、金メッキより金張りの方が金の量が多く高価です。

任期から判断しても、6年の参議院議員の方が格上でしょうか(笑)

今日は、ピンポン菊をご紹介しました。

最後は脱線してしまいましたが、またご訪問いただけると嬉しいです。

一輪挿し爺さんでした。

 

最新情報をチェックしよう!