60+のシニアの心がけ「35歳だと思い込み少し若いファッションをする」

還暦を過ぎて、もう年を取ってしまったと思うと、考え方や行動も消極的になってしまい家に引きこもりがちになります。 こうなってしまうとファッションにも全く興味が沸かなくなってしまいます。 考えや行動が消極的になると、活動範囲が狭くなって運動不足になり、また刺激を受ける回数も少なくなってしまいます。 この状態が続けば認知症まっしぐらです。 そこで、過去の人生で一番楽しかった、又は充実していた時期を現在の […]

ブラタモリで放映された福井県立「恐竜博物館」へ行ってきた

毎週土曜日にNHKで放映されている「ブラタモリ」、12月8日放映のロケ地は福井県の二大観光地「東尋坊」と「恐竜博物館」でした。 この度は福井に用があり、偶然にもちょうど「ブラタモリ」で放映される、これは良い機会を得たと思い、用のついでに「恐竜博物館」へ見学に行ってきました。 恐竜博物館の目玉はどう猛な肉食恐竜「ティラノザウルス」でした。 福井駅から、えちぜん鉄道勝山永平寺線・勝山行に乗って約55分 […]

シニアの私が椎間板ヘルニアの激痛を緩和させた歩きながら腹筋をご紹介

毎日「歩きながら腹筋」をしていたら腰椎椎間板ヘルニアによる足の痛みやしびれが緩和、軽減しました。 「歩きながら腹筋」は、文字の通り、歩いている時に腹筋に力を入れて腰回りを固定することです。 歩きながら腹筋に効果があると気付いたのは痛みに耐えながら歩いている時でした。 腹筋に力を入れた瞬間に足の痛みが少し和らいだのです。 治らないと思っていたので、嬉しくなり希望を持つことができたのです。 同じ様な症 […]

愛犬の高いALP値が食習慣を変えたらか?正常値に戻ったの巻

愛犬ヒデマルを動物病院に連れて行きました。 9月にフィラリアの血液検査をした時にALP値が531(正常値47~254)と高かったので「ALPの再検査」と「6種混合ワクチンの接種」を受けてきました。 結果はALPの数値が93と改善していました。 食べ物を中心に少しだけ生活習慣を変えたのが良かったかもしれません。 ヒデマルのプロフィール 名前 ヒデマル 年齢 オス、9歳4か月 体重 7.2kg 体調は […]

シニアと若い女性は要介護前兆のロコモを予防する筋力トレを

ロコモティブシンドロームは高齢者の疾患だと思っていたが、最近は20代30代の若い女性にも始まっているらしいのです。 ロコモティブシンドロームは略してロコモと呼ばれ、日本語では運動器症候群といいます。 ロコモとは、運動器の障害によって要介護となるリスクが高い状態と定義されています。 体を動かすときは、骨や関節、筋肉、靭帯などの共同作業です。 この一部分でも不具合になれば、体の動きに不都合が生じること […]