定年退職後に時間を持て余して時間にまとわりつかれるほど暇な爺さんの日記です

【高齢者の孤独】社交的なおばちゃんの真似をすることにした

こんにちは、リタイア後に暇の取り扱いに困っている爺です。

高齢化社会になるにつれて孤独な男性高齢者が増えているそうです。

私も、いつ孤独な高齢者になるか不安になることがあります。

暇で孤独な自分を想像すると、生きている価値があるのだろかと考えてしまいます。

最近、いざという時に孤独にならないように準備しておくべきだと考えるようになりました。

高齢者が孤独にならないためにどんな心掛けが必要かを考えてみました。

日本のオジサンは世界一孤独、孤独にならないヒントが書かれている著書。

リタイア後の爺の暇つぶし日記

日本のオジサンは世界一孤独。頷けます。私も含めてオジサン達は小さい頃に会話の訓練をされていません。逆に男は沈黙していたほ…

こんな高齢者は孤独へまっしぐら

先日、駅員を怒鳴りつけているおじさんを見かけたが、とても嫌な光景であった。

少し離れていたので、その高齢者が何に対して怒っているのか分からなかったが、みっともなかった。

夫をなだめていた妻らしき女性がお気の毒であった。

自分よりも少し年上の70代とおぼしき高齢者、男性駅員は怯むことなく、落ち着いて冷静に対応している様子であった。

怒鳴り声も駅員には通用せず高齢者は更に声を荒げていた。

不平不満を社会にぶつけるのは止めてもらいたい。

多分この高齢者は気に食わない事があったら、妻や家族に対してもこんな風に怒鳴り散らし、威張っているのだろうと容易に想像できた。

特に会社で地位の高かった人が、退職後に社会で馴染めずに孤立することが多いという。

確かに会社では部下に気を使われちやほやされ、多少の無理難題も力ずくで押し通したのだ。

しかし、一昔に比べれば、外の世界では単に年上だからといって大切にはされいし、世代間対立も高まっていると思う。

年金生活が出来るのは若い世代が支えてくれているからだ。

高齢者のこういう行為は誠に情けなくなる。

私は過去に孤独な高齢者の悲痛な叫びに遭遇した。

可哀そうだと思ったがどうすることも出来なかった。

リタイア後の爺の暇つぶし日記

暇爺です。 先日すごく悲しい思いをしたのですが、身につまされる想いで記事にしました。 目次 1 突然悲痛な声が聞こえてき…

昔はこんな高齢者が多かった

高校時代の友人に聞いた話だか、父親は亡くなるまで母親に対して「お茶」、「メシ」、「新聞」と叫び、時には怒鳴りつけて、母親が父親と一緒にいると息が詰まると泣き言を言っていたという。

その夫から逃れるために趣味クラブに入会して、ストレス発散をしていたが、父親から「どこへ行くんだ」ととがめられ、ついに行けなくなったという話を聞いたことがある。

常々こんな高齢者にはなりたくないと思う。

おばちゃんの様に社交的になりたい

リタイアしてから1年近くになるが最近「おばちゃん」のように振る舞うえたらいいなと思うようになった。

私は、もともと口数が少なくコミュ障なので、今更「おばちゃん」の真似をするのは、かなりハードルが高いと思っているが、少しでも近づけたら楽しいのではと考えるようになってきた。

おばちゃんみたいに優しい微笑みで

年取ってこわもてで頑固そうな高齢者になるよりは人と接するときに少し微笑みを浮かべた方がいいだろう。

不機嫌そうに見える爺よりも余程いいと思うし、優しさが少しでも伝わるかもしれない。

気持ちにも余裕ができて、穏やかな老後が送れそうな気がする。

私は人の嫌がる様な横柄で傲慢な振る舞いは嫌いである。

人には思いやりを持った振る舞いで接したいと思っているが、少し恥ずかしい気持ちもあって素直に出来ないこともある。

しかし、「おばちゃん」を目指すなら恥ずかしいなどは禁句であり、思ったらすぐに行動しなければならない。

この歳になったら恥ずかしいはかなぐり捨てるべきである。

まずは家内がやる家事を見習う

私は、掃除や洗濯、料理などの家事も時々するので、少しは「おばちゃん」の真似事はできている。

しかし、まだまだ家内のレベルには達していないのは明らかだ。

掃除も洗濯、料理全てにおいて家内の仕上がりが数段上である。

この差を少しでも縮めるべく努力する必要がある。

家内から褒められるようになれば、家事の「おばちゃん」はひとまず合格である。

窓ガラスの桟や枠の掃除、冷蔵庫の中の賞味期限チェックもして切れそうな食べ物は早めに食べるようにすることなど、学ぶ点は多い。

世の中の不平不満を家内や友人に話す

家内は時々、外であった事、楽しかったこと、笑ったこと、また不平不満などを話しかけてくる。

今までは家内の話を聞き流すだけであったが、最近は話に乗じて自分の経験や感じたことを積極的に話すようにしてみた。

止めどもない話は、無口な私には慣れていないため疲れるが、「おばちゃん」を目指すなら必須の会話法である。

今後、友人との話にも「おばちゃん」が話すような話題をメモにして準備しておこうと思う。

性差を意識せずにおばちゃん達の中に入る

時々、おばちゃん達の中に入り楽しそうに談笑している高齢者を見かけることがある。

自分もあんな風に会話できればなと羨ましく思う。

そんな高齢者を観察していると、相手が女性(おばちゃん)だからと身構えたりせずに、共通の話題があれば性差を感じさせないで大いに会話で盛り上げている。

私の最終的に目指す「おばちゃん」は、上記のような高齢者だ。

おばちゃんと話す機会を増やす努力をする

先日、家内に誘われてペーパートランクの教室に参加してきた。

女性ばかり10名ほどの教室で、私の隣のテーブルにはおばちゃんが工作していた。

隣のおばちゃんから定規やカッターを取って渡してくれた。

その時は親切な気遣いをとても嬉しく思った。

そして少し会話を試みたが、一言二言で終了、デビュー戦はほぼ失敗に終わった。

何かの教室に参加することは、完成させるという同じ目標に向かって作業しているので、話しかけやすいと思う。

まとめ

老後が孤独になるのではないかと不安になることがある。

私が先に逝った場合、家内は周囲の友人と仲良くやっているので、あまり心配はしていない。

万一、家内が先の時は、確実に孤独な老人になってしまう。

私の育ちは九州、小さい頃から男はあまり喋ってはならないと言われてきた。

そのまま63歳まで生きてきたので、今でも口数が少なく、コミュ障の傾向がある。

まず、家庭で家内との会話で「おばちゃん」のように振舞ってみることにした。

次は外で「おばちゃん」との会話に挑戦したいと思う。

最新情報をチェックしよう!