定年退職後に時間を持て余して時間にまとわりつかれるほど暇な爺さんの日記です

「定年退職後の孤独」シニアの行き場所、生きがい、趣味探し

会社に勤めていた時は会社関係のつながりがあったので寂しさや虚無感は感じませんでした。

しかし、定年退職した途端に突然行く場所がなくなりました。

なんだか社会からひとり取り残されたようで暗たんたる気持ちに沈んでしまいます。

人生100年時代となり、定年退職後の20年、30年を如何にして生きていくか、シニアにとって大きな課題であると痛感しています。

子どもは独立し社会人となり、妻と1日中顔を突き合わせていても限度があります。

また、妻は妻で自分の友だちと遠出をしたり、食事をしたりで忙しくしていますので、それはそれで明るく送り出しています。

でも、妻が出かけた後の部屋はシーンとして一人取り残された気持ちにもなります。

私にはブログの趣味があるものの、あまり没頭することもありません。

特段の趣味を持っていない私と同じシニアの方にとっては毎日が地獄です。

定年退職後の孤独感や寂しさは、簡単には人に相談できるものでもありません。

定年退職後のシニアは、自分の居場所や生きがいを自ら開拓する必要があると感じています。

自らの体験も含めてシニアの行き場所、生きがい、趣味探しをご紹介したいと思います。

シニアの居場所を探す

カフェに行く

私はブログの記事を作成するためにカフェに行きます。

自宅で作業しても良いのですが、自宅だと好き勝手となり甘えもでてダラダラとなってしまい、時間の管理も出来なくなります。

外ではおおよその作業時間を決め、刺激を受けながら、また時間の管理も出来るため少し遠くのカフェまで行きます。

外での作業は、歩数も稼げる副産物があります。

今も自宅最寄り駅から三駅目にあるタリーズコーヒーでブログ更新作業をしています。

カフェでは、よく高齢女性のグループ2~3名が来店して楽しそうに会話をしています。

時々、シニアの男性が一人本を読みながらコーヒーを楽しんでいます。

奥様の買いも待ちでカフェで時間つぶしのシニア男性も時々見受けられます

タリーズコーヒーやスターバックスコーヒーには、若い女性の店員が明るく対応してくれます。

特に、スターバックスコーヒーは、接客サービスが良いと感じます。

話しかけると優しい笑顔で返してくれますので、シニア男性にとっては嬉しい限りです。

聞くところによれば、スターバックスコーヒーはお客様になるべく話しかけるように教育されているそうです。

ただし、コーヒーはタリーズコーヒーの方がおいしいと思っています。

カフェはシニア男性の居場所としても刺激があってお勧めです。

映画を観る

 

小さい頃は映画を観たが、最近はあまり観ていないシニアは多いと思います。

最近気が付いたのですが、映画館では毎週、様々な映画が上映されています。

テレビやインターネットで宣伝紹介されている映画はほんの一握りで、新しい映画は次々に作られ上映されています。

最寄りの映画館をインターネットで検索して上映スケジュールを確認してみてはいかがでしょうか。

私の最寄りの映画館では、毎週、ドラマ、サスペンス、コメディ、ホラー、SF、恋愛など新しい映画が上映されています。

シニアにとっては、恋愛は心の琴線に触れ、SF映画はとても刺激的です。

認知症予防にも効果がありそうです。

特に平日の映画館は、観客が少なく空いていますので、好きな席を選んで観ることができる点が良いです。

私は、毎週金曜日に映画館へ行くように計画していますが、曜日を決めて行くのも良いと思います。

映画の鑑賞料金は、55歳以上は、ハッピー55で1100円とお得です。

映画のシニア割引は下記に詳しく解説しています。

映画50歳からシニア割引き次世代のIMAXや4DXを体感しよう

自宅でAmazonプライムビデオを見る

Amazonプライムに加入することで、ほとんどの映画を無料で鑑賞することができます。

有料の映画もありますが、クレジット決済で100円~400円程度で鑑賞できます。

昔のヒット作も鑑賞することができますので、シニアにとっては新作として上映されたころの思い出が蘇ってきます。

さすがに、最近上映された映画は見ることはできませんが、10000万本以上も登録されています。

私は、その日の気分にもよりますが、多い時で1日3本も鑑賞してしまうことがあります。

余りにも一度に多くの映画を観すぎた日は、さすがにぐったり疲れてしまいます。

とにかく、Amazonプライムビデオには、色々なジャンルの映画がたくさん登録されています。

フィットネスクラブに行く

フィットネスクラブは、午前中から多くの中高齢者が利用しています。

特に中高年女性の利用者が多く、エアロビクスやストレッチなどのスタジオプログラムは内容によっては満員です。

また、インストラクターは子どもと同年代の若い男女が多いため、接しやすいと思います。

大部分のフィットネスクラブは中高齢者を主なターゲットにしていますので、シニアも利用しやすい環境に設定されています。

インストラクターは、特にシニアメンバーに話しかけるように教育されているため、積極的に話しかけてくる施設が多いです。

ただ、人件費削減のため、時間帯によっては経験のないアルバイトで回している施設もあるので、一度無料体験などで確認した方がよいでしょう。

フィットネスクラブに通っていれば、他のメンバーと知り合えるチャンスもあります。

フィットネスクラブによっては、メンバー間の親睦をはかるために、年間を通して会員同士の交流イベントを企画開催している施設もあります。

そんなイベントに積極的に参加すれば、知り合いの輪が広がります。

図書館に行く

公共の図書館や地区センターもシニアの居場所としては良いと思います。

私は時々地区センターの図書館で本を読んだり借りたりしています。

横浜市はインターネットで市の図書館から読みたい本を検索して地区センターに取り寄せができるので便利です。

時々利用していますが、新刊は予約でいっぱいとなることがあり、2~3か月も待たされることがあります。

直ぐに読みたい新刊は本屋で購入しています。

一人でのんびりと読書をしたい時は地区センターや図書館は打って付けだと思います。

新聞や雑誌なども置いてありますので、日課として図書館を訪れるシニアもいるくらいです。

図書館で読みたい本を探し、気に入ったら借りて自宅に持ち帰り読むことも可能です。

公園へ行く

天気が良い日は公園へ出かけてみてはどうでしょうか。

日差しが強い日は、日陰を選んでベンチら座ってみましょう。

私の家ではダックスフントを飼っていますので、天気の良い日は散歩を兼ねて公園へ出かけます。

最近は公園になどの公共施設に一人でいると不審者と思われる世知辛い世の中になってしまったので、ペットと一緒であれば白い目で見られることはありません。

耳をすませば子どもたちの声、鳥のさえずりなど落ち着いち気持ちになります。

飲み物と軽食を持ち込めば、屋外での食事を体験できます。

自宅での食事とは、全く違った雰囲気を楽しむことができます。

大学市民講座に参加する

大学が一般の方を対象にして講座を提供しています。

大学によっては開講講座のジャンルが幅広く興味のある講座を探してみましょう。

じくりと学習する時間があるので、学びなおしをする良い機会でもあります。

多くのシニアが参加していますし、論文発表する方もいるそうです。

居酒屋又はスナックへ行ってみる

近所に居酒屋やスナックなどの飲み屋に行ってみるのも新たな発見や刺激があるかもしれません。

居酒屋やスナックには、おそらくシニアの常連さんがいると思います。

常連さんは、概ね話し好きな方が多いと思われますので、何度が通ううちに気の合った方が見つかる可能性があります。

また、スナックがあれば、一度入ってみてはいかがでしょう。

スナックにはだいたいママさんかアルバイトの女性がいます。

必ずしも若くはない場合もありますが、異性とお話をするのは結構楽しいものです。

お酒が入れば気分も高揚してオープンになります。

そこで、これまでの人生で、楽しかったことや失敗談などを話して明るく笑い飛ばせれば最高ですね。

新たな出会いがあるかもしれません。

趣味人クラブに登録参加する

現在、趣味を持ってない方、今後作りたい人には「趣味人倶楽部」が最適です。

これはという趣味を色々試して趣味を見つけることが可能です。

同じ趣味の方々がインターネットで情報交換したり、オフ会なども開催されていますので積極的に参加してみる手もあります。

これから新しい発見、出会いがあるなどポジティブに捉え直してみたいと考えている方に最適です。

趣味倶楽部のサイトはこちらです。

趣味人倶楽部

まとめ

今年63歳なった私の体験も含めて、定年退職後のシニアの行き場所をご紹介しました。

まだまだ、定年退職後のシニアの行き場所は沢山あると思っています。

シニアにとって孤独であることは、毎日タバコを吸うよりも健康被害が大きいそうです。

孤独で寂しいという気持ちは他の人には理解しがたいものです。

人生100年時代、高齢者の孤独はとても大きな課題だと感じます。

まずは一歩、家の外に足を踏み出して、普段と違った場所に行ってみましょう。

そして、自分の落ち着ける場所を探してみませんか。

最新情報をチェックしよう!