シニアになっても色々な事にチャレンジ、自分探しはとても幸せで奇跡の時間です。日々体力の衰えを感じながらも今日出来る事を一つずつ積み重ねていきたいと思います

Braunハンドブレンダー「マルチクイック5」軽量・清潔|ミキサー比較

ミキサーで野菜ジュースを作った後に容器を分解して洗うのは面倒ではありませんか?

(ここでのミキサーはガラス容器式タイプのものです)

後で洗うとガラス容器の内側に攪拌された食材の残り物が付着して乾燥、落ちにくくなります。

また、ミキサーは重たくありませんか?

野菜ジュースを別の容器に移す際に手首を痛めることもあります。

そんな悩みを解消してくれる、軽くて洗いが簡単なハンドブレンダーについてお話します。

子どもが社会人になって家を出たので、私と奥さんシニア夫婦二人になり暮らしとなりました。

毎朝のスムージづくりはミキサーでは少し重く大きすぎるのです。

スムージをたくさんつくる必要がなくなったのでブレンダーに変えました

(我が家では長年ミキサーにお世話になったのですが、シニアになって最近ハンドブレンダーの良さに気付きました)

軽くて洗いが簡単なハンドブレンダーがおすすめ!

シニア夫婦の二人暮らしは、軽くて洗いが簡単なハンドブレンダーがおすすめです。

ハンドブレンダーをすすめるポイントは3つあります。

①簡単に洗えて清潔

②軽くて負担軽減

③コンパクトで収納にも便利

各ポイントについて詳しくご説明します。

①ハンドブレンダーは簡単に洗えて清潔

ミキサーは使用後に写真のように分解して洗わないとカスがの残るため不潔になります。

洗うパーツが7点と多いため手間がかかります。

また、洗った後も自然乾燥させるスペースが必要になります。

使用後の洗いを後回しにするとガラス容器の内側に付いた食材の残りが落ちにくくなります。

ただ、ご家族が多い家庭では一度に沢山作れますのでミキサーの方が効率が良いと思います。

(写真は我が家で使っていたミキサーです)

ハンドブレンダーならアタッチメントを外して洗い、プラスチックの容器を洗うだけで終了です。

洗うのは、ブレンダーシャフト(アタッチメント)とプラスチック製の容器の2点だけです。

ブレンダーシャフトは洗った後、水気を拭き取って立てておきます。

また、プラスチック製の容器は洗った後は水切りかごに入れて乾かします。

本体は濡れた布などで拭きましょう。

以上の様に、ミキサーと比べると手入れ、洗いがかなり楽で清潔です。

①本体は水で湿らせた布やキッチンペーパーで拭いてください。(注意:本体は水洗いできません)

②ブレンダーシャフトと計量カップは食器と同様の洗い方、食洗器でもOK、洗剤は少なめにしましょう。

 

 

②ハンドブレンダーは軽くて負担軽減

ハンドブレンダーはとにかく軽いです。

ミキサーは重たくて出来上がり後に別の容器に移し替える際に腕や手首に負担がかかります。

私はミキサーの重さで手首を痛めたこともあります。

ミキサーボトルの重さを計ってみました。

食材や水を入れてずに計量器の針は2週回って止まったので、約2050g、2kg以上もありました。

食材や水などの内容部が入れば軽く3kgにはなります。

ハンドブレンダーなら軽くて腕や手首のは負担になりません。

ハンドブレンダーを計量器で計ったところ約650gでした。

使う時は利き手で持って容器の食材を攪拌しますが、負担にならず使いやすいです。

③コンパクトで収納にも便利

ハンドブレンダーはガラス容器式のブレンダーよりもかなりコンパクトでかさばりません。

また、ハンドブレンダーは収納する時も場所を取りません。

更に軽いので旅行に出かける時にも携帯可能です。

キャリーケースに入れておけば旅先でも自宅の様に手軽に野菜ジュースを作ることができます。

 

ハンドブレンダーのポイントのまとめ

①簡単に洗えて清潔

②軽くて負担軽減

③コンパクトで収納にも便利

ということで、軽くて洗いが簡単なハンドブレンダーをおすすめします。

ハンドブレンダーのまとめ

我が家では息子が社会人となって独立したのを機にハンドブレンダーに変えました。

毎朝の野菜ジュースは奥さんと二人分なのでハンドブレンダーを快適に使っています。

軽くて、使った後に簡単に洗えるので清潔で便利です。

ハンドブレンダーに変えたので、これまでお世話になったミキサーは台所の収納に保管しました。

ブラウンのハンドブレンダーをおすすめします。

 

付録1、我が家の健康スムージのご紹介

 

最後に付録として、ハンドブレンダーを使った我が家の健康スムージのご紹介させていただきます。

ミキサーで作っていた期間を入れると、約15年になります。

【健康スムージのレシピ】

〇人参     1/3本

〇リンゴ    1/2個

〇キウイフルーツ 1個

〇きな粉  大さじ1杯

〇よもぎ粉 大さじ1杯

〇水      適量

ブラウンのハンドブレンダーを使っていますが、グリップには攪拌スピード「Ⅰ:通常スイッチ」と「Ⅱ:ターボスイッチ」があります。

最初に「Ⅱ:ターボスイッチ」を使うとスムーズに攪拌できます。

 

 

付録2、ハンドブレンダーでマヨネーズを作った

 

ハンドブレンダーでマヨネーズを作ってみました。

【マヨネーズのレシピ】

〇全卵   1個

〇塩    小さじ1/2杯

〇お酢   大さじ1杯

〇サラダ油 全卵、塩、お酢、そしてサラダ油全体で250mlになるよう最後に加える。

サラダ油が浮くのでハンドブレンダーを少しだけ上下すると混ざりやすいです。

どうしても、混ざりにくい時はスプーンなどで攪拌すると良いと思います。

初めてマヨネーズ作りにチャレンジしましたがブレンダーの回転でマヨネーズが外に飛び出すのではないかと恐る恐るでした(笑)

しかし、マヨネーズは粘性が高いので全く大丈夫でした。

とても滑らかな手作りマヨネーズの完成です。

ミキサーではマヨネーズは作れません。

手作りのマヨネーズで奥さんがポテトサラダを作ってくれました。

今度はカボチャスープに挑戦してみようと思っています。

ブラウンのハンドブレンダーをおすすめします。

 

最新情報をチェックしよう!