注目キーワード
シニアになっても色々な事にチャレンジ、自分探しはとても幸せで奇跡の時間です。日々体力の衰えを感じながらも今日出来る事を一つずつ積み重ねていきたいと思います

ワードプレス5.3へ更新、ザトール記事編集ボタンが無反応のトラブル発生

年々、何事もめんどくさいと感じるようになっています。

それを放置すれはせとどんどん脳は錆びてボケてしまいそうです。

ボケ防止には少しでも興味が沸いてきた事、これまでにやりたかった事はどんどんチャレンジしたいと思います。

先日ワードプレスのテーマを無料テーマの「Cocoon」から有料テーマの「The Thor(ザトール)」にチャレンジしました。

ザトールをダウンロードした後、ワードプレスを最新に更新しました。

ここで、問題が起こりました。

記事編集ボタンが無反応のトラブル発生したのです。

5.3に更新「今すぐ更新し下さい。」に従って更新を実行したのです。

インターネットの世界では新しいシステムの方が良いと考え、つい更新してしまいます。

WordPress 5.3.1へ更新すると不具合が起きる

上記の通り、ワードプレスの指示通り5.3に更新したところ、記事編集の画面のボタンが反応しなりました。

不具合・トラブル発生。

原因分からず、めんどくさいことになったと思いました。

パソコンの電源を落としたり、パソコンのクッキーを削除するなどで対応しましたが全く改善せず。

原因が分からず、素人の私は困りに困り果てました。

そこで、困った時はネット検索だ!

ワードプレスを古い5.2にダウングレードすることで問題を解消するらしいことが分かりました。

この問題は、ザトールに限ったことではなく他のテーマでも起こっているようです。

最終的にはザトール主催の「助け合いフォーラム」の中の「不具合報告」に書き込みがありました。

ワードプレスの5.3とは相性が悪いことが書かれてありました。

WP5.3では、大幅な仕様変更がされているため、これまで使用できていたWordPressの機能で使用できない機能がある。

(※テーマの機能ではなく、WordPress本体の仕様が変更されたことが原因であるため、テーマ側では修正対応が不可能)

出典:「助け合いフォーラム」の「不具合報告」

 

ワードプレスを以前のバージョンに戻すダウングレードすることにしました

以下のネット情報のお世話になりました。

ダウングレードで参考にしたサイト

ワードプレスの日本語サイトですが、過去の古いバージョンへダウングレードすることができます。

5.2にダウングレードしたら、記事の編集画面のボタンが反応しない問題は解決しました。

以下のサイトに掲載されている「5.2 ブランチ」以下のバージョンに変えると問題が解決されます。

古いバージョンのワードプレス

以下のサイトにサーバーへのダウンロード方法が丁寧に説明されていましたので、私はこちらのサイトを参考にしました。

WordPressを更新したら不具合が!簡単にダウングレードする方法を紹介

こうして、ワードプレス5.2へのダウングレードしたことで問題は解消されました。

最後に「ザトール」の長所と短所を記しておきます。

「ザトール」の長所・短所

有料テーマを購入したのは初めてです。

好きなデザインに着せ替えできるところにひかれて購入しました。

当サイトは、ザトールです。

設定が多いため全てを知り尽くすには時間がかかります。

ワードプレスには無料のテーマがたくさんあります。

また、有料テーマもたくさん販売されています。

ネットで調べてどれにしようかとずいぶん悩んだ末に、ザトールを導入しました。

導入前後に感じた個人的な主観、長所と短所は以下の通りです。

ザトールの長所

※デザインの着せ替えが9種類あって好きなデザインを選べる

サイトを簡単に着せ替えすることができます。

着せ替えできるデザインが9種類あると、少し迷ってしまいますが、選べることは自由度が大きい訳ですから良い事です。

それぞれデザインに特徴がありますので、サイトの内容によって選択すればよいです。

探してみると、他の有料テーマでも着せ替えができるものがあるようです。

※一度購入(ダウンロード)すれば複数のサイトで使用、展開できる

有料のテーマの中には、単一サイトのみしか使用できないものもあります。

単一サイトのみの場合、別サイトを作りたいと思ったら無料テーマにするか、もう一度有料テーマを購入する必要があります。

ザトールは、一度購入すれば複数サイトで使用できるメリットは大きいと思います。

※流れる文字が斬新

設定によってトーブページに右から左へとテロップを流すことができます。

目立つので、ブログで一番アピールしたい事を流すことができます。

※ダッシュボードの記事一覧で記事ごとの閲覧数を表示できる

設定することによって、記事一覧に「総合閲覧数」、「平均閲覧数」、「タイトルの文字数」など個別記事の情報を表示することができます。

どの記事が閲覧されているか、また昨日公開した記事が閲覧されているなどアナリスティックよりもより早く知ることができます。

※検索エンジンから評価されやすいらしい(自分では判断できません)

ザトールの商品説明には検索エンジンに高評価を得ていて、SEO的に有利との記載がありますが、実際の真偽はわかりません。他の有料テーマの説明でも同じことが書かれています。比較できないので判断のしようがありません。

※トラブルが生じた時に「助け合いフォーラム」があり相談や質問ができる

利用者の多い有料テーマは、検索すればテーマに関する情報やトラブル時の対処法などを閲覧することができます。しかし、ザトールは比較的新しい有料サイトであるため掲載情報が少ないため「助け合いフォーラム」は助かります。

ザトールの欠点

※比較的新しいテーマなので、説明されたサイトが少ない

他の有料テーマに比較すると説明されたサイトが少ないです。

今後、ザトールが高評価されて購入者が増えてくれば、トラブル解消法などのサイトも増えてくると思います。

※相性の悪いプラグインがある

相性の良いプラグイン、悪いプラグイン、お勧めプラグインなどは結構多くのサイトが紹介しています。こちらもザトールと相性の良いプラグイン、悪いプラグインを紹介したサイトがありますので、参考にしてプラグインを追加しました。

まとめ

初めてワードプレスの有料テーマを購入しました。

初期設定では頭を抱えてしまう作業もありましたが他のサイトを参考にして記事が書けるところまでこぎつけました。

ワードプレスを最新に更新したところで、記事の編集画面でのボタン無反応トラブルが発生しました。

ダウングレードで解決、ワードプレスを少しずつ理解しつつあります。

シニアにとって新しい事を始めるのはハードルが高いです。

実際のやってみて解決した時は正直嬉しいです。

また、刺激もあります。

興味を感じたら、まず実行してみることが大切だと思います。

【圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすいWordPressテーマ】 THE・THOR(ザ・トール)|テーマ&サポートプラン

最新情報をチェックしよう!