注目キーワード
シニアになっても色々な事にチャレンジ、自分探しはとても幸せで奇跡の時間です。日々体力の衰えを感じながらも今日出来る事を一つずつ積み重ねていきたいと思います

Visualizerが作動しないWordPress を簡単にダウングレードするプラグイン

ブログ記事に棒グラフを入れようとプラグイン「Visualizer」をダウンロード、

早速、「Visualizer」を使ってグラフを作成しようとしたところ、チャートの種類を選択する「Add New」のボタンをクリックしても作動せず。

動かない原因として考えられることは、現在使っている最新のリリース「WordPress 5.5. 3」又は他のプラグインが原因か?

そこで、他のプラグインを全て無効にした上で「Visualizer」を使ってみたけど、結果は同じで作動しませんでした。

ならばと、WordPress のバージョンを古いバージョンに切り替えて試してみることにしました。

どのバージョンが動くのかはやってみないと分からないので、新しいバージョンから古いバージョンへと順番に確認。

結果は、2020年10月30日にリリースされた「 WordPress 5.2.9」で作動しました。

この時にWordPress をダウングレードするプラグインを使いましたが、とても簡単で速かったのでご紹介します。

WordPress をダウングレードする

 

ダウングレードするプラグインのインストール

 

プラグインの名称は「WP Downgrade | Specific Core Version」。

インストール後に「有効化」

プラグインダウンロード

WP Downgrade | Specific Core Versionの「Settings」

インストール済みのプラグインの中から「WP Downgrade | Specific Core Version」、「Settings」をクリック。

プラグインのSettings

WordPressのバージョンを指定

画面が切り替わるので、枠内にWordPressのバージョン番号を入力します。

WordPressの古いバージョンはこちらで調べられます。

WordPress  Releases

リリースを入力

ワードプレスリリース一覧

WP Downgrade | Specific Core Versionを実行

下図の赤枠をクリック。

新しいバージョンを自動更新

確認画面に切り替わるので実行します。

ダウンロード実行

古いバージョンへのダウングレード完了

以上でバージョンのダウングレード完了です。

FTP ツールを使って手作業の ダウングレードは結構手間がかかり大変でしたが、

こちらのプラグインWP Downgrade | Specific Core Versionの作業は簡単で速いです。

ダウングレード完了

まとめ

WordPress を簡単にダウングレードできるプラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」をご紹介しました。

以前、うっかりとWordPressの最新バージョンに切り替えたら、記事賛成のエディターが使いづらくて、古いバージョンに戻したことがありました。

当時は、プラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」の存在を知らず、FTP ツールを使って手作業の ダウングレードをしてすごく手間がかかり、神経も使いました。

新たに導入したプラグインとの互換性が悪い時は、プラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」を使い、簡単スムーズにバージョンを変更、移行を済ませましょう。

アドセンス広告を非表示にする
最新情報をチェックしよう!