注目キーワード
シニアになっても色々な事にチャレンジ、自分探しはとても幸せで奇跡の時間です。日々体力の衰えを感じながらも今日出来る事を一つずつ積み重ねていきたいと思います

【Rollback】プラグインを元に戻す(ダウングレード)する簡単な方法

WordPressのプラグインのバージョンを以前に戻してくれるプラグイン「WP Rollback」を紹介します。

とても簡単で便利なプラグインです。

バージョンを以前に戻すことをダウングレード又はロールバックといいます。

プラグインを更新したら、他のプラグインと干渉し作動しなくなった時に「WP Rollback」は大変便利なプラグインです。

「WP Rollback」の使い方を紹介します。

プラグイン「WP Rollback」でダウングレード

WP Rollbackのインストールと有効化

次の画像はWordPressのプラグインの一覧です。

「WP Rollback」をインストールする前は、各プラグイン名の直下には「無効化」と「設定」のみが表示されています。

インストール前

「WP Rollback」をインストール後、有効化。

rollbackのインストール

「WP Rollback」を有効化すると、各プラグイン名の直下に「無効化」と「設定」に「Rollback」が追加されます。

この「Rollback」機能を使えば簡単にダウングレードが可能です。

インストール後

WP Rollbackを実行する

ダウングレードしたいプラグインの「Rollback」をクリックすると、以下の表示になります。

ダウングレードしたい「バージョンNO.」のラジオボタンにチェックを入れてRollbackを実行します。

ロールバックの実行

ダウングレードの確認画面が表示されるので、「Rollback」をクリックすると実行されます。

ロールバック確認画面

「プラグインの更新に成功しました」と表示されてダウングレードの終了です。

すごく簡単です。

プラグインの更新完了

以上のように、プラグインWP Rollbackはを使えば簡単にダウングレードが可能です。

プラグインをダウンロードすると、ダッシュボードの「更新」と「プラグイン」の箇所にお知らせが表示されます。

これは無視します。

プラグイン更新

もう一つ、プラグイン「WP Rollback」を使用せずにダウングレードする方法がありますので、紹介しておきます。

「WP Rollback」と相性の悪いプラグインがある時は、こちらの方法を知っておくと便利です。

プラグイン一覧の「詳細表示」を使う

こちらは、各プラグイン一覧の「詳細表示」からダウングレードする方法です。

この方法ではダウングレードしたいプラグインを途中で削除しておく必要があります。

「詳細表示」をクリック。

次の画面に切り替わるので、赤枠の「WordPress.org プラグインページ」をクリックします。

プラグインページへ

ここで、ひと手間あります。

プラグイン一覧に戻って、ダウングレードしようとしている「プラグインを無効化、削除」する必要があります。

ここで削除しておかないと、最終的にエラーになり、プラグインのリプレイスできません。

無効化削除

削除を終えたら、先程のページに戻り「WordPress.org プラグインページ」をクリック、次の画面に切り替わりますので、「詳細を表示」をクリックします。

 

 

画面の最下位までスクロールすると次の画像が表示されます。

ダウングレードしたいバージョンを指定してダウンロードします。

PCがwindowsの場合、ダウンロードホルダーに「ZIP」ファイルとして転送されます。

次にプラグインの追加をします。

WordPressへプラグインのアップロードをします。

 

「ファイルを選択」をクリック。

ダウンロードホルダーの該当ファイルを選択します。

先程、ダウンロードしたZIPファイルをアップロードします。

「いますぐインストール」をクリック。

最後に「プラグインを有効化」をクリックして完了です。

プラグイン有効化

まとめ

プラグインのダウングレードの方法を二通り解説しました。

プラグインが干渉して作動しない時、まずは最後にインストールしたブラグインをダウングレードして試してみましょう。

その際は新しいバージョンから古いバージョンへと順番に試します。

それでもエラーが解消しない時は、WordPressのバージョンをダウンロードするとエラーが解消することもあります。

WordPressのバージョン更新は頻度が多いため、特定のプラグインとの互換性が取れなくなることもあります。

「Classic Editor」が無反応となるケースが多いようです。

そんな時は、WordPressのダウングレードを試しましょう。

シニア人生を楽しむ

Visualizerが作動しなかったので、WordPress をダウングレードするプラグイン「WP Downgrade …

 

 

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!